ホーム > ガイド > 会社概要 お問い合わせ

牡蠣の家しおかぜ(代表:野﨑 寿)は、瀬戸内市邑久町虫明地区で7代にわたり漁業を営んでおります。現在は、牡蠣養殖業と小型定置網漁業との複合経営に加え、自社で養殖した牡蠣や、水揚げした魚を自社で加工し、燻製や佃煮を製造販売しております。

会社概要

社名 牡蠣の家しおかぜ
業種 貝類養殖業、定置網漁業、加工食品製造
加工食品 加工場

〒701-4501 岡山県瀬戸内市邑久町虫明3901-1
電話 0869-25-0225 FAX 0869-25-0266

牡蠣作業場 〒701-4501 岡山県瀬戸内市邑久町虫明4254-3
電話・FAX 0869-25-1765 ※牡蠣のご注文はこちらにお願いします。 
取扱い商品 岡山県虫明海域の牡蠣(殻付き牡蠣・むき牡蠣)虫明海域で揚がる海産物全般
牡蠣の燻製オリーブオイル漬け、牡蠣のアヒージョ、牡蠣と野菜のピクルス
牡蠣の味噌煮、牡蠣の佃煮、魚介類の燻製等自社で水揚げした魚介類の加工品等。
営業時間 9:00〜17:00 定休日 加工食品部門 土曜・日曜・祝日  牡蠣作業場 火曜・土曜
代表 野﨑 寿(ノザキ ヒサシ)
従業員 従業員 4名 アルバイト、パート数名

しおかぜの名前の由来と沿革

野崎家で、代々漁に使っている船の名「しおかぜ」から屋号を「牡蠣の家しおかぜ」としております。 明治初期から7代続く漁師で、平成22年より自社で水揚げした魚や牡蠣を加工する、食品製造の分野へ挑戦中です。

沿革

明治初期 初代 野崎半次郎が定置網漁業で創業。
昭和26年頃 四代目 野崎兼作が牡蠣養殖をはじめる。
平成18年 殻付き牡蠣の小売りを強化するため、紫外線殺菌装置及び牡蠣の清掃装置を導入。
平成22年 しおかぜ加工場を新築。スチームコンベクションオーブン、冷凍冷蔵庫、真空包装機などを導入。
平成24年 六次産業化法に基づく総合化事業計画の認定を受ける。

平成25年 海燻(かいくん)牡蠣の燻製オリーブオイル漬けが、第1回地場もん国民大賞で秋山能久賞を受賞。
平成25年 海燻(かいくん)牡蠣の燻製オリーブオイル漬けが「究極のお土産」ノミネート商品に選定。
平成25年 「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定。
平成26年 牡蠣のアヒージョが、第2回地場もん国民大賞でグランプリ金賞を受賞。

アクセス



家族で育てる牡蠣の話

牡蠣を育てる虫明の海は入り組んだ湾岸線、豊かな山から栄養のある雨水が海に注ぐ立地。